バスルーム3Dモデル

すべての9結果を表示

浴室3Dモデルオン Flatpyramid.

バスルーム–入浴やシャワーを目的とした、アパートや住宅の部屋。 通常、バスルームにはバスタブおよび/またはシャワーとシンクおよびその他の衛生器具が装備されています。 現在、バスルームにはビデだけでなくトイレも備わっていることがよくあります。

衛生の実践は紀元前3000sから古代インドの文明にその起源があり、浴室は外観を改善し、人間の生理学的ニーズを満たすための場所として登場しました。

過去には、浴室は原則として公共の場所であり、衛生的な機能の他に社会的な特徴も持っていました。 その中で、人々は出会い、コミュニケーションをとり、情報交換を行った。

浴室ユニットは大量のお湯と水の使用を考慮に入れるべきです。 浴室がトイレと組み合わされている場合、入浴またはシャワーの他に、水を使用して固形および液体の排泄物を下水道または浄化槽に洗い流すこともできる。 使用中に水が部屋の壁や床に付着することがあります。また、高温多湿の空気は、冷たい表面に水の凝縮を引き起こす可能性があります。 したがって、浴室の建設は困難な作業です。 天井、壁、床は防水材で覆い、掃除しやすいようにします。 このため、セラミックタイル、ガラス、およびプラスチックパネルは、清掃が容易なため仕上げ材としてよく使用されます。 したがって、浴室の設計は非常に複雑で費用がかかる可能性がある。 床は多くの場合セラミックタイルでトリミングされていますが、その表面は滑りやすく、手触りが冷たいです。 これらの不便を解消するには、バスルーム専用の防水マットを使用してください。 裕福な家族の家には床暖房があります。