波面(.obj)

結果の1-24 7016を表示

OBJは、WavefrontTechnologiesがAdvancedVisualizerアニメーションパッケージ用に開発したジオメトリ記述ファイルの形式です。 ファイル形式はオープンであり、3Dグラフィックスアプリケーションの他の開発者によって受け入れられています。 e-Frontier's Poser、Maya、XSI、Blender、MeshLab、Misfit Model 3D、3D StudioMaxおよびRhinoceros3D、Hexagon、CATIA、Newtek Lightwave、Art of Illusion、milkshape 3d、Modo、Cinema4Dにエクスポート/インポートできます。 Zanoza Modeller、PC LIRA、Minewaysなど。ほとんどの場合、これは一般的な形式です。
OBJファイルフォーマットは、3Dジオメトリ、つまり各頂点の位置、テクスチャ座標と頂点の関係、各頂点の法線、およびポリゴンが作成するパラメータのみを含む単純なデータフォーマットです。
グリッド(#)で始まる行は 注釈:
 「#これはコメントです」
OBJは、3次元のコンピュータジオメトリ用の最も一般的な伝送フォーマットの1つです。 オブジェクト(材料)の外観に関する情報は、衛星ファイルでMTL(Material Library)の形式で送信されます。 必要に応じて、OBJはディレクティブを使用してそのようなファイルを参照します。
 「mtllib [外部MTLファイル名]」
MTLはWavefront Technologiesによって設定された標準です。 すべての情報はASCII形式で表示され、人間にとっては絶対に読めるものです。 MTL標準も非常に人気があり、3Dグラフィックを扱うためのほとんどのパッケージでサポートされています。

高値

fで始まる文字列はSurfaceインデックスです。 各面(ポリゴン)は、3つ以上の頂点で構成できます。
プログラミング言語の中には慣習的であるように、インデックス付けはゼロではなく最初の要素から始まり、インデックス付けも負になることがあります。 負のインデックスは、最後の要素に対する相対位置を示します(インデックス-1は最後の要素を示します)。

頂点/テクスチャ座標

頂点と共に、対応するテクスチャ座標インデックスを格納することができます。

頂点/テクスチャ座標/法線

対応する法線を格納することも可能です。

頂点/法線

テクスチャ座標に関するデータが存在しない場合は、スキップテクスチャインデックスを使用した入力が許容されます。